うちの整体療術センター

TEL:049-285-3469

はじめての方へ・緩消法とは?

2007年に生理学博士である坂戸孝志先生によって開発された新しい治療方法 緩消法(かんしょうほう)は慢性痛の原因である筋肉の緊張(筋肉の硬さ・コリ)を薬や道具などを一切使わないで筋肉を傷つけることなく、無緊張状態(フニャフニャに軟らかくなる)にして痛みを消す事が出来る画期的な手技療法です。

全国9人目の認定技術者に認定されました

じっくり時間をかけ研修を積み重ねてまいりました、この緩消法の認定技術者に、この度(一社)日本健康機構より、全国8ヵ所目の認定院、9人目の認定技術者として認定を受けることができました。この緩消法の認定審査はとても厳しく、認定後も毎月1回必ず施術の技術審査と新たな技術の学びを続け、技術の維持および向上に努めております。

痛みは無くなりますのでご安心ください

なかなか改善しない腰痛・肩こり・関節痛などの慢性痛は消せるようになりました。長く通院しても痛みの変化がなかった・・・・という事がなくなります。
緩消法と今までの施術法との違いは緩消法では完治させることができることです。
また、緩消法は自分でやり方を覚えて治すことが出来ることです。

当院でどうしても対応出来ない(完治できない)患者さんは開発者である坂戸孝志先生が責任を持って対応していただけますのでご安心下さい
<緩消法認定院の契約事項になっています>

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と診断された方も大丈夫

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの診断名と痛みやシビレなどの症状が無関係であることは科学的に証明されています。痛みやシビレを感じる神経は骨や椎間板や軟骨にはありませんので、それらが原因で 痛みやシビレが起こることはありません。
これは、痛みやシビレは筋肉が硬くなっているのが原因ですので、緩消法で筋肉が軟らかくなれば症状は無くなります。
但し、医師が診断した事が間違っているわけではありません。手足が麻痺したり、おしっこが出なくなったりした場合は手術が必要な場合があります。
上記のような麻痺が無いにもかかわらず手術を悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非、当院にご相談下さい。
今まで手術を回避でき、元気に生活されている方が沢山います。

緩消法で期待できること

  1. 痛みが無くなる
    ここでの痛みとは、痛み・シビレ・冷える・突っ張る・重い・だるい・むくみなどの症状を含みます。
  2. 病気になり難くなる

    緩消法で腰の筋肉を無緊張状態にするとにより全身の血流が良くなり、体温が上がり免疫力が向上して(正常な免疫機能には36,5度以上が必要といわれています)病気になりにくく、健康に生活できるようになります。

  3. 姿勢が良くなります
    骨格が歪むのは筋肉が硬くなって縮む力が働き、骨が引っ張られることでズレているだけなので、筋肉が軟らかくなれば骨は元の位置に自然に戻ります。
  4. 脂肪が燃焼されます
    緩消法で脂肪が燃焼されることは分っていますので、例えば腰に緩消法を行えばウエストは細くなります。

    実例として:体重140㎏の方が緩消法だけで120㎏になっています。

通院は強制しません

通院したい方のみ予約をお取りください。
当院の方から「今度はいつ来てください」と通院を強制することは致しませんので、ご安心下さい。
お聞きいただければ、目安はお伝え致します。


院長
内野 貴公男

お電話でのお問い合わせ・ご予約は、

電話番号049-285-3469

受付時間:9:00~20:00
定 休 日:毎週木曜日
*原則として完全予約制です。

住所

〒350-2214
埼玉県鶴ヶ島市太田ヶ谷902
TEL:049-285-3469

アクセス

東武東上線「鶴ヶ島」駅より、
バス約8分「鶴ヶ島01 川鶴団地行 終点:川鶴団地」下車、
徒歩約6分
*バスの時刻表はこちらから