うちの整体療術センター

TEL:049-285-3469

症例報告・患者様の声

  • 症例報告1
    30代 女性 保育士
    主訴:首の筋肉のつり
    保育中に声を出したときに急に頚部前方の筋肉がつり、痛みで首が動かせなくなった。
    痛みを感じている所の上、下、患部の順に緩消法をそれぞれの箇所を3 往復を2回づつ行ったところ、つりが無くなり、痛みも無くなりました。

  • 症例報告2
    20代 男性 教諭
    主訴:両腕から指先までのしびれ
    一年前より腕にしびれを感じるようになり、徐々に指先にもしびれを感じるようになってきた。
    マッサージなどにも通っていたが、施術を受けると少し楽になるが、翌朝にしびれがひどくなる。
    病院での検査も異常がない。とのことで悩まれていた。
    頚部・小胸筋・大胸筋の付け根を中心に緩消法を行いました。
    一度目の施術でシビレ10→0
    二週間後に再来院されましたが、シビレは出ていないとのことで終了しました。

  • 症例報告3
    30代 男性 建設業
    主訴:ぎっくり腰 体を真っすぐに伸ばせない 歩行時の痛み
    仕事中、前屈みになった際に腰に痛みを感じそのまま一日経ったら腰が痛みで伸ばせなくなった。
    立位でいることが可能であることから、緩消法を腰をメインに行う。3 往復を10回行ったところで痛みを確認していただくと、身体も伸び痛みもほぼなくなり、普通に歩行も可能になった。
    そのまま腰方形筋と起立筋の間を緩め、右肩甲骨外側の硬さを緩めたところ、前屈の動作も痛み無くできるようになりました。
    「この後ボーリングに行っても良いか?」と尋ねられたので、「やめておいてください」と伝えたが翌日に「ボーリングした後に朝になったら少し痛くなってしまいました」と連絡がありました。

  • 症例報告4
    60代 女性 主婦
    主訴:左臀部から大腿横の痛みとシビレ
    5年以上前から痛みとシビレが続いている。
    腰と上前腸骨棘内側への緩消法を主に行う。
    初回で痛み10→3
    二回目では臀部の痛みのみになっての来院
    腰の筋肉が硬くなることで血行不良が起こり臀部の筋肉も硬くなることをお伝えし、腰に緩消法をメインに行い痛み10→0

  • 症例報告5
    40代 女性 教諭
    主訴:肩こりと頭痛
    慢性的に肩こりがある。肩こりがひどくなると頭痛が起こり、特に朝ひどく、ここ最近は連日続いている。
    腰痛はないとのことでしたが、腰の筋肉が硬くなると肋骨を下に引っ張り、肩や首の筋肉が硬くなることを伝えた後に、主訴である首と肩に緩消法を行い頭痛は無くなったとのことで終了しました。
    一か月後、再来院。夏休みということもあってか、酷くなることは無かったが、学校が始まる前にもう一度見てほしいとのことで来院。
    表面の筋肉は比較的軟らかく直ぐに軟らかくなりましたが、左胸鎖乳突筋の起始部に硬さが見られたため、左乳様突起から頸部に緩消法を行い、軟らかさがでたところで腰への施術を行いました。

  • 症例報告6
    80代 女性 主婦
    主訴:右臀部の痛み ふくらはぎと脛外側のしびれ
    右腰にも痛みを感じるが、それよりも上記の所に強く痛みを感じる
    午前中は比較的落ち着いているが、午後夕食の準備で台所に立っていると辛くなり、休みながら出ないと食事の支度ができない。
    腰の筋肉(特に脊柱起立筋)が非常に硬くなっていることと臀部の痛みはその上方の腰の筋肉が硬くなり血行不良が原因で起こっていること、(下肢も同じであること)をお話しし腰の横、腰方形筋と脊柱起立筋の間に緩消法を行いました。
    約2センチほど筋肉が軟らかくなったところで痛みを確認していただいたところ臀部の痛みは10→3 になりました。
    下肢のシビレはまだあると言われたので、程度をお聴きすると10→5になったとのこと
    原因の場所がおそらく腰の深い所にあるであろうことをお伝えし、腰への緩消法を継続
    現在、施術を行うと痛みシビレは無くなるが、10日に一度くらいのペースで継続中

  • 症例報告7
    30代 女性 事務職
    主訴:座位→立ち上がるとき、寝→起き上がるときの左腰から臀部~大腿外側の痛みとシビレ
    来院一週間前に整形外科に行き診察を受けたところ、異常はありませんと言われ、痛み止めを処方され服用していたが、多少痛みが軽減する程度。
    筋肉が緊張して血行不良を起こし、その影響で痛みやしびれが起こることをお話しし、立位での施術が困難であったことから、側臥位で行いました。
    左腰方形筋と腸骨稜へ緩消法を行い、筋肉が2cm程度軟らかくなり奥に入るようになったところで一度立ち上がっていただき、痛みの出る動きをしていただいたところ、起き上がり時の痛みもなく、全体の痛みも10→2になったと言われました。
    その後、右側も同様に行い、少し重さを感じる程度で痛みはなくなりました。

  • 症例報告8
    30代 男性 解体・土木業
    主訴:両腰の痛みと右臀部から大腿外側の痛み
    腰椎4番、5番の前弯が強く、腰は常に重さを感じている。
    このところ右の臀部から太腿にかけてシビレを感じるようになってきた。
    痛みを感じている臀部の上方の腸骨稜きわの筋肉から腰椎の前弯の強い所の周りの筋肉を軟らかくし、上前腸骨棘の内側の張りの強い筋肉(特に右側)に対し緩消法を行う。
    施術後痛み10→0になりました。

  • 症例報告9
    60代 女性 営業職
    主訴:突発性難聴
    一ヵ月前に右耳が突然音が遠くで聞こえる様な、幕が掛かっているような状態になり、3か所の病院(大学病院含む)に行き通院中
    ある会合でお会いし、話の中で突発性難聴であることをお聴きし、その場で3 0秒程度、右乳様突起の前と耳周辺に緩消法を行ったところ、少し良いようだと言われました。後日、連絡があり来院。
    同様に、乳様突起前方から難聴の施術ポイントに約3 分くらい施術させてただいている途中で、「あれっポンと空気が抜けた感じがする」と言われたので確認したところ、音が近くで聴こえるようになったと言われました。
    後日、病院での精密検査で聴力の数値は以前と変わっていない。とのことでしたが、聴こえははるかに良くなっているとのことで、現在継続中

  • 症例報告10
    40代 男性 設計士
    主訴:左股関節の痛み
    お子様とサッカーをやっていたときにひねったような動きをしたときに痛みが走り、歩行は可能だが、膝を曲げての外旋は痛くてできない。
    上前腸骨棘の内側、鼠経靭帯周辺の硬い筋肉に対し緩消法を行ったところ、可動域が広がったので、そのまま筋肉が軟らかくなるまで続行
    あぐらをかくような状態では痛みが無くなったが、もっと広げようとすると痛みがあるとのことで、根本原因は腰の筋肉が硬いことをお伝えし上前腸骨棘から腸骨、腰のポイントに対し消法を行う
    その後、痛みを感じるところに対し集中して施術を行ったところ、どの様な動きでも痛みが無くなりました。


院長
内野 貴公男

お電話でのお問い合わせ・ご予約は、

電話番号049-285-3469

受付時間:9:00~20:00
定 休 日:毎週木曜日
*原則として完全予約制です。

住所

〒350-2214
埼玉県鶴ヶ島市太田ヶ谷902
TEL:049-285-3469

アクセス

東武東上線「鶴ヶ島」駅より、
バス約8分「鶴ヶ島01 川鶴団地行 終点:川鶴団地」下車、
徒歩約6分
*バスの時刻表はこちらから